ジュニア・スキー教室

2014年02月17日

今日の鹿角は。本日は「天使の囁きの日」だそうで・・・、『1978(昭和53)年、非公式の日本最低気温マイナス41.2度を記録。これを記念し、北海道幌加内町が「天使の囁きを聴く会」を制定』。天使の囁きとは、空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダストの事なのだそうです。

 

さて2月15日・16日、主催します「ジュニア・スキー教室」を行いました。その様子を・・・。

 

  

  

 

2日間の集中レッスンでしたが、両日とも残念ながら悪天候・・・。でも、参加の子供たちは元気イッパイでございました。

 

今回のレッスンを担当したのは、アルパススタッフの「M・K氏」と「A・I氏」。両者とも競技経験者で指導力はバッチリ。

 

参加者のレベルは様々で、リフトに乗れないお子さんもおりましたが、程なく一人で・・・。

 

そして、男の子全員で山頂まで行ってきました。  

 

何度か転びながらも無事に滑り下り、自信になった様子・・・。何より楽しかった様でした。

 

色々なスポーツ教室を行っておりますが、子供たちの上達の早さには感心させられます。

 

これからもお子さん向けの様々なプログラムをご用意したいと思いますので、宜しくお願い致します。

 

以上、本日の投稿は・・・NHK朝の連ドラ「あまちゃん」依存症を徐々に克服し、「ごちそうさん」に移行するも、どうしても和枝姉さん(キムラ緑子さん)の「イケズ」する姿を毎日見たいと思う投稿長男でした。(長っ

 

鹿角情報 - 地域生活(街) 秋田ブログ村     ← 日本ブログ村に参加しております。ワンクリックを宜しくお願いいたします。

 

 


コメントを書く