カマキリ

2013年10月07日

今日の鹿角は。絶好の作業日和で・・・本日の話題は作業からの出来事です。

 

皆様ご存知の事と思いますが、カマキリの卵とその冬の降雪量には深い関係があるとの説があり、賛否様々な情報がネット上にある様です・・・。(今回はあくまで発見した事実のご報告としてお付き合い下さい)

 

ローラースキーコースの草刈りをした際に卵を発見しました。(気付かずにカットしてしまいました。カマキリさん大変申し訳ございません)

 

 

    

 

一説には雪に埋もれない位置に卵を産み付けるされ、昔からその年の降雪量を予測する目安とされていた様です。(雪から卵を守るためと言われてる様です)

 

今回発見した卵ですが・・・およそ地上25センチ位でした。

 

その一説を引用させて頂きますと・・・スキー場的には残念な目安となってしまいます。

 

カマキリの神秘的な能力を信じたい所ですが、スキー場関係者としましては予報が外れて欲しいなと・・・。

 

大雪は生活する上では何かと困りもの・・・スキー場だけに降って欲しいと思うのでした。

 

 

 

 


コメントを書く