スキーブーツ

2015年01月12日

今日の鹿角は。朝方から降った雪は既に20センチオーバー。ヒジョーに湿った雪で雪合戦にはもってこいです。(雪寄せは一苦労な状況です

 

さて、皆さんはアルペンスキーブーツの経年劣化を気にした事はございますか。

 

(日本スキー産業振興協会ポスターより)

 

製造から5年程度で、強度が低下する場合がある」そうですよ。

 

当然使われている材質や、保管方法などで差は出てくると思いますが、徐々に劣化は進んでいる様です。

 

実際、滑走中に「ブーツが壊れた」と言って下山された方を数回目撃しております。

 

そこでポスターよりチェックポイントを・・・。

 

① スキーブーツ本体・部品の表皮にヒビが生じてないかチェック。

 

② 本体・部品の表皮に白濁、光沢に著しい衰退がないかチェック。

 

③ ご使用前に自宅で履いてスキー動作を数回繰り返し異常がないかチェック。

 

既に初滑りがお済みの方、これからデビューの方も一度ご確認いただき、安全にスキーをお楽しみ下さい。

 

以上、本日の投稿は・・・現在使用中のスキーブーツは既に25年以上経過している投稿長男でした。(よっぽどの良品に巡り合ったか、壊れるくらいの滑りをしてないんだろうなあ~)

 

鹿角情報 - 地域生活(街) 秋田ブログ村   ← 日本ブログ村に参加しております。クリックを宜しくお願いいたします。

 


コメントを書く